• TOP
  • 製品紹介
  • 【Scorpio(スコーピオ)】
Scorpio(スコーピオ)

【Scorpio(スコーピオ)】目標管理システム

「社員の成長と会社の業績をブリッジ!」

Scorpio(スコーピオ)
Scorpio(スコーピオ)
<個人目標/組織目標入力>

個人ごとおよび組織ごとの目標を定義できます。個人の目標は従業員に紐づき、組織の目標は組織に紐づいて管理できます。

<スケジュール管理>

各目標の入力のスケジュールについて、入力の開始日と終了日を設定できます。設定した日付に対して、督促のメールルールを設定し、自動的に送信することができます。

<評価ルート調整>

目標の入力、承認、フィードバックなど、フロールートを自在に設定可能です。また、その作業の担当者を任意に指定することができます。

<点数調整>

目標に対する評価の結果である点数をグループ単位で分布・平均点を確認しながら、調整することができます。

<お知らせ機能>

設定されているルートに従って、進捗が進んだ場合に、現在の担当者に対して作業を案内するメールを自動的に送信することができます。メールには画面へのリンクが含まれており、ログインすることで必要な作業を開始できます。

<権限管理>

一般ユーザ、人事部、システム管理者の3層で権限が管理されています。スケジュールの管理やルートの変更などは人事部が、データのインポート/エクスポートなどはシステム管理者のみが実行することができます。

目標管理システム【Scorpio(スコーピオ)】の機能紹介

全社目標、本部目標、部門目標、個人目標など、企業が定めた目標の設定及び評価を簡単に行うことができます。
最終評価までのチェックポイント(四半期毎、半期等)を何回でも設定することができ、各目標に対するスケジュール管理(進捗管理)も強力に支援します。
評価に対する「評価調整」を画面上にて簡単に行うことができ、マネージャーによる最終調整の作業工数を減らすことができます。

こんな企業様に最適。

▶ 自由に目標の設定ができるシステムを利用したい。
▶ コンピテンシー評価を行いたい
▶ 画面上で評価調整ができる機能がほしい。
▶ クラウド型で目標管理を行いたい。

稼働環境

データベースサーバー環境

◆動作OS:Windows/Linux
(OracleがサポートしているOSであれば動作可能)
◆メモリー:4GB以上
◆HDD:100GB以上
◆データベース:Oracle Database 12c

アプリケーションサーバー環境

◆動作OS:Windows/Linux
(OracleがサポートしているOSであれば動作可能)
◆メモリー:4GB以上
◆HDD:100GB以上
◆Webサーバ:Apache Tomcat

クライアント環境

◆動作保証ブラウザ
  • ・Windows Vista:Internet Explorer 9
  • ・Windows 7:Internet Explorer 11
  •  
  • ・Windows8.1:Internet Explorer 11
  • ・Windows10:Internet Explorer 11
  •  

※上記仕様は、最低動作条件となります。
※利用ユーザ数やネットワーク環境等の要件により動作要件は変わります。

ICT, Inc. All rights reserved.