• TOP
  • 製品紹介
  • 【Cancer(キャンサー)】
Cancer(キャンサー)

【Cancer(キャンサー)】研修管理システム

「研修担当者の業務負荷を圧倒的に軽減します」

研修管理システム【Cancer(キャンサー)】の機能紹介

Cancer(キャンサー) 研修管理システムは、社員教育に積極的に取り組む企業を強力に支援するソリューションです。
ブラウザ上からの研修受講申請、承認、受講履歴参照を可能とするESS型 (Employee Self Service )のシステムです。
人事部の研修管理担当者は、きめ細かな研修管理(研修クラスの作成、コースの作成、カタログの作成、申し込み状況管理、インストラクターや備品管理、レポート機能・・等)を、柔軟且つスピーディーに行うことができ、従来の管理工数を大幅に削減します。

<研修クラスの作成>

研修コースをWeb上に簡単に作成することができます。画面上の定義に沿って必要情報を入力し、受講対象者、狙い、内容、留意点といった項目を登録してコース全体のカタログを作成します。

<研修コースの作成>

作成した研修クラスに対して、開催日・時間・場所・費用・インストラクター・募集開始日~受付締切日等の必要な情報を登録して研修クラスを作成します。

<申し込み状況>

受講者申し込み一覧画面にて、当該クラスの参加率、予約枠申し込み状況、満席だった場合のウェイティング状況など、現時点での申し込み状況をリアルタイムに確認することができます。

<Mail機能(督促)>

システムから送付される各種連絡メールの設定(連絡メール設定、受講計画者への設定可否、受講申込者への設定可否、受講承認者への設定可否、CC先の追加)が可能です。

<アンケートの作成/資料配布>

受講後のアンケートをWeb上で記入・確認することができます。研修に必要な資料は、研修担当者が指定するサーバー上にアップロードすることができ、研修受講者は、研修受講前に事前課題として、その資料をダウンロードすることができます。

<レポート機能>

人事研修管理者は、過去の研修クラス開催実績、年度別の研修リスト、簡易レポート、そしてMailのエラーログをレポートとして把握することができます。

こんな企業様に最適。

▶ 人事担当者(研修)の管理工数を削減したい
▶ 研修管理の一連のプロセスを一元管理したい
▶ 進捗状況・申し込み状況などをリアルタイムで把握したい
▶ 研修に関するデータを多角的に分析したい

稼働環境

データベースサーバー環境

◆動作OS:Windows/Linux
(OracleがサポートしているOSであれば動作可能)
◆メモリー:4GB以上
◆HDD:100GB以上
◆データベース:Oracle Database 12c

アプリケーションサーバー環境

◆動作OS:Windows/Linux
(OracleがサポートしているOSであれば動作可能)
◆メモリー:4GB以上
◆HDD:100GB以上
◆Webサーバ:Apache Tomcat

クライアント環境

◆動作保証ブラウザ
  • ・Windows Vista:Internet Explorer 9
  • ・Windows 7:Internet Explorer 11
  •  
  • ・Windows8.1:Internet Explorer 11
  • ・Windows10:Internet Explorer 11
  •  

※上記仕様は、最低動作条件となります。
※利用ユーザ数やネットワーク環境等の要件により動作要件は変わります。

ICT, Inc. All rights reserved.