• TOP
  • いまどきのHR
  • 11月7日~9日の「関西HR EXPO」では、「Times」のココに注目してください!
いまどきのHR
11月7日~9日の「関西HR EXPO」では、「Times」のココに注目してください!
シンプルで直感的な操作感を体験していただくチャンスです!

11月7日~9日にインテックス大阪で開催される「関西HR EXPO」に、株式会社ロココのHRソリューションサービスが出展いたします。概要については、既に「お知らせ」にて広報させていただいておりますが、当日は弊社の担当エンジニアがブースに常駐し、勤怠管理システム「Times」や、タレントマネージメントシステム「Gemini」について詳細にご説明いたします。

 

勤怠管理システムの導入や改善を検討されている方は、ぜひ「Times」の操作性を体感してください。「約500のパラメーター設定」「正社員からパート・アルバイト、派遣社員まで多様な雇用形態と、フレックス制、裁量労働制、シフト制、短時間、24時間超、非時間管理など幅広い勤務形態に標準対応」と聞くと、複雑なシステムを想像されるかもしれませんが、従業員目線で見れば、「Times」の操作は至ってシンプル。「対象の日付をクリック」を押して、必要事項を入力するだけなので、分厚いマニュアルを用意しなくてもすぐに導入できます。

多彩な打刻方法や、簡単英語表示にも注目!

勤怠の打刻も、Web打刻、FeliCaなどのICカード連携、静脈認証などに標準対応しています。モバイルから打刻することもできるので、外出が多い営業員や自宅勤務の方々の勤怠管理もスムーズです。「関西HR EXPO」のブースでは、パソコンで使う際のインターフェイスはもちろん、ICカード機器と連携させた利用法についても具体的にイメージしていただけます。人事・労務関連の業務に精通したエンジニアが案内いたしますので、わからないことがあっても、その場で解決することができます。

 

「早く導入したい」「システム変更の際の開発工数、費用相場、社内の業務工数が知りたい」「他社システムとの違いが知りたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。導入までの全体の流れと標準スケジュール、ご対応いただくタスクについて、ひととおりご説明いたします。働き方改革が話題になっているなか、企業の業務効率を高めるためには、勤怠管理システム自体の導入しやすさや使いやすさも重要です。36協定管理、英語表示も標準対応。英語表示は、ログイン時にプルダウンで設定するだけです。オンプレミスとクラウドを選べるので、自社のシステム環境に合わせて最適な形で導入することができます。

 

この機会に、多機能&シンプル操作の「Times」のよさをご理解いただければと思います。「HR EXPO」の HRテクノロジー ゾーン、小間番号「7-1」でお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします!

Copyright © ROCOCO Co., Ltd. All rights reserved.