• TOP
  • いまどきのHR
  • 操作性と多機能が高評価!勤怠管理システム「Times」でできること
いまどきのHR
操作性と多機能が高評価!勤怠管理システム「Times」でできること
多機能、シンプル操作、英語対応が高評価
 新しい勤怠管理システムを導入したい、低価格のシステムを導入したい、使い勝手のいいものはないか…。勤怠管理システムの改善を検討している方は、どのサービスのどこがいいのか、どんな観点で決めればいいのか悩まれるのではないでしょうか。数多くのシステムやツールがあり、機能も料金メニューもさまざま。どんなシステムが自社に合うのか、わからないとお困りの方も多いと思われます。

 

そんななかで、勤怠管理システム「Times」は、新規導入の際にも、他のシステムからの切り替えでも多くの企業に喜ばれています。最大の魅力は、機能が豊富なのに操作がシンプルなこと。「Times」は、数少ない英語標準対応のシステムですが、ログイン時に言語選択すれば、すぐに英語で表示されます。導入時に厚いマニュアルを用意したり、拠点ごとに説明会を開催する必要がなく、直感的に操作することができるのです。

36協定対応や、マスタの履歴管理も使いやすいと好評

操作性と同様に高い評価をいただいているのは、36協定管理機能です。年度単位で協定の内容を反映させられるのはもちろん、従業員が限度時間を超過した際にはアラートが出るなど勤務時間を管理しやすくなっています。特別条項申請を促す機能や、限度時間の延長者をリアルタイムでチェックできる機能もあり、マネジメントしやすいという声をいただいています。

 

組織や部署の変更、人事異動など多様なマスタの履歴管理ができるのも、「Times」ならでは。異動先組織をあらかじめ登録しておいたり、引継ぎが完了するまで前任者の承認にしておくことができたりするので、人事異動の季節におけるマネージャーの業務を軽くすることができます。

 

機能充実なのに、インターフェイスも操作もシンプル。従業員は、入力したい日付をクリックして必要な内容を入れるだけです。上司が承認し忘れると、ログイン時にアラームが表示されるのも、作業効率UPにつながります。「見た目も操作もシンプルなので、すぐに慣れた」「問い合わせ対応が減って、人事の担当者が他の業務に集中できるようになった」という話もよく聞かれます。勤怠だけでなく、プロジェクトなどの業務工数を管理する機能もあり、さまざまな活用法で社内の業務効率化を進めることができます。 

 

英語対応、操作性、36協定対応など、多彩な機能で人事やマネージャーの業務をサポートする「Times」。デモ画面と操作をご覧いただければ、使いやすさを感じていただけるものと思います。勤怠管理システムの改善を考えている方は、ぜひご連絡ください。お問い合わせフォームはこちらです。

Copyright © ROCOCO Co., Ltd. All rights reserved.